大腸がんは気づきにくい|治療を始めて健康を取り戻せ

医者

決め手は早期発見にあり

女性

咽頭がんは初期症状が分りづらく、しかもできる場所によっては喉に関係あると思えない症状が現れることがあります。少しでも違和感を覚えたらすぐに検査をしましょう。検査では今音声分析による検査も行われており、初期の咽頭がんチェックに役立っています。今後はますますこうした新しい検査法が開発されることでしょう。

標準的ながんの克服方法

自覚症状がないので知識が必要ですよ。大腸がんの検査や治療について知りたいならこちら。がんについて知ることで予防もできます。

世田谷でリウマチの治療を行なっているこちらにではたくさんの人が足を運んでいます。遠方の大きな病院に通うことが難しい人にオススメです。

外科手術を行う場合

パソコン

大腸がんの治療ではまずCT、MRI、内視鏡検査等の結果を診断し、大腸がんの大きさ、進達度、部位によって治療方法を決めていきます。大腸がんの治療において中心となるのは外科的手術になります。2センチ未満で進達度が低いと判断されれば内視鏡検査時に癌をとる場合もありますが、ステージや存在する部位、範囲等を患者さんの状況を総合的に勘案して腹腔鏡手術または開腹手術が選択されることになります。通常手術では大腸がんが存在する部位の腸の切除だけではなく周囲のリンパ節のかく郭清も行います。術後病理検査で切除したリンパ節に癌の転移が認められればステージ3に分類され再発予防のために化学療法による治療が継続的に行われることになります。

化学療法を行う場合

手術後の検査においてリンパ節へ転移している場合や術前の検査においてすでに肝臓や肺、腹膜など遠隔臓器への転移が確認されている場合は通常の生活をおくる上で不自由が無い限りにおいて手術で切除し、その後化学療法、放射線治療を行いとりきれないがんの縮小を目指していくことになります。大腸がんの治療方法は日々進歩しており高い治療効果が期待できる方法も開発されているので、効果が十分みられ、がんが切除可能な程度まで縮小した場合などにはあらためて手術でがんを切除することもあります。しかし化学療法や放射線治療の効果があまりみられず患者さんの負担が大きいと判断された場合には疼痛などの症状をやわらげる緩和的治療を行うことになります。

聴神経腫瘍や脳動静脈奇形を改善するためには手術が必要です。安全に腫瘍を摘出してくれる医師に執刀を依頼したいなら必見!

近年話題の免疫療法はがん治療に効果があると評判です。がんでお悩みの方は選択肢の一つとして頭に入れてみてはいかがでしょうか。

早期発見のコツと予防法

パソコン

直腸がんは、初期の段階では、ほとんど自覚症状を感じることができません。したがって、毎日の食生活で予防することが重要です。また、早めの診察によって、早期治療ができれば、100%近い確率で治療が可能な病気です。

タバコを吸うので心配

男性

今回の健康診断で勇気が出たのは本当です。これからは、積極的に肺がんの早期発見に努力したいものです。本心を言えば、MRIの方が好きなのですけどね。CTから順番に進めていくみたいですね。肺がんに限らず、どのような病気も早期発見が大切だと思うようになりました。早期なら、恐れずやっつける勇気を持ちたい。